2014年3月11日火曜日

震災から3年を経て。

震災から3年。

様々な復興活動が行われ、表面的にはもとに戻りつつあることもある。

しかし、
今も行方がわからない方々が多くいる。
仮設住宅での暮らしを余儀なくされている方々がいる。
福島第一原発の処理に至っては、これからも気の遠くなるくらいの時間が必要となる。

忘れてはならない。
天災の恐ろしさ、技術への過信。

天災はまた起こる。

その際に、同じ過ちをおかさないよう
忘れてはならない。
3年前の今日の震災。

黙祷。

0 件のコメント: