2014年12月1日月曜日

株式会社 関心空間 始動開始!

本日、12月1日付で、株式会社SIIISは、株式会社関心空間に生まれ変わった!

これまでとサービス内容は変わらないが、以下の代表取締役社長宮田正秀のメッセージの通り、コア事業である「関心空間」をより良いものに磨き、
「本当の共感でつながる幸せな社会」
の実現を目指す!

社名変更のお知らせ
2014/12/01


このたび弊社では、2014年12月1日をもって「株式会社関心空間」に社名を変更いたしました。
今後の事業方針として、弊社のコアサービスである「関心空間」のコンセプトを改めて見つめ直し、新しい時代に対応したサービスとして生まれ変わらせることを大きな目標と据え、社名も「関心空間」と改めることといたしました。
共感する人同士のつながり、顧客と企業のつながり、地域と生活者のつながりを育み、「本当の共感でつながる幸せな社会」を実現するサービスを開発し、みなさまにお届けするべく、社員一同、大いなる希望を持ってさらなる努力をしていく所存です。
ソーシャルメディア連携サービス・O2Oサービス等の領域での事業もより一層加速し、くらしを豊かにするビジネスを展開して参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長 CEO
宮田 正秀

関心空間サイトはこちら



2014年10月22日水曜日

サイオスパートナーカンファレンス2014!

去る10月9日、毎年恒例のサイオスパートナーカンファレンスを開催、大変盛況のうちに終了!
今年は、日頃よりお世話になっているパートナー企業の皆様への感謝の気持ちを込めて、

まず、専用のミネラルウォーターをご用意。



一年間の感謝の意を込めてお渡しするアワードの盾は、3Dプリンターでひとつずつ制作!



そして、サンフランシスコで大人気のBlue Bottle Coffeeの新鮮な焙煎豆をトートバッグとともにお持ち帰りいただいた。
Blue Bottle Coffeeは、来年日本に1号店オープン予定、従って、この豆はまだ日本未発売!
Blue Bottle Coffeeから直輸入、更にとてもイカしたトートバックも一緒に!



これからの一年も、パートナー企業の皆さんとどんなビジネスが出来るか、楽しみ!
一緒に素晴らしいビジネスをつくって行きたい!

2014年6月18日水曜日

米国NginX社と提携!

オープンソースの高速Webサーバーソフトウェアとして大人気のNginX。

昨日、その商用版であるNginX Plusを開発している米国企業NginX社との提携を発表!


開発者Igor Sysoev(左から二人目)を交えて、記者発表会でのショット!


多くのメディアでも取り上げていただき、NginXに対する関心が高いことを改めて感じた次第。

7月からは、NginX Plusの販売を開始!
また、オープンソース版のNginXについては、従来からサポートサービスを提供して来ているが、こちらも更に強化して行く予定。

乞うご期待!

2014年4月23日水曜日

ガリバーさんがサイオスのDataKeeperを採用!

ガリバーさんが、Amazon Web Servicesに移行する社内システムのハイアベイラビリティ構成に、サイオスのDataKeeperを全面採用していただけることになり、本日、プレス向けリリースを配信。

サイオスの「DataKeeper」がガリバーの社内システムのアマゾン ウェブ サービスへの移行で全面採用


今後、Amazon Web Servicesのようなパブリッククラウド上で、データやシステムのアベイラビリティをどう確保して行くかが、どんどん大きな課題となる。

サイオスのハイアベイラビリティ関連製品を使うことで、問題解決!

2014年4月16日水曜日

Red Hat Summit 2014

今週サンフランシスコで開催されている
Red Hat Summit 2014

サイオスも、ささやかながらスポンサーとして参加。

世界最大のオープンソースソフトウェア企業、Red Hat。
今年も一緒に盛り上げます。


2014年3月28日金曜日

株主総会

本日、サイオステクノロジー定時株主総会を開催。

株価や配当など、直近の課題も多々あれど、サイオステクノロジーが長期的に優良会社として着実に成長して行くことが、すべての課題への答えである。
つまりそれが出来れば、株価も上がるだろうし、配当をはじめとする株主への利益還元の選択肢も増える。

責任の重さを感じつつ、気持ちも新たに、成長を心に誓った株主総会。

株主の皆様、ご協力ありがとうございました。

2014年3月11日火曜日

震災から3年を経て。

震災から3年。

様々な復興活動が行われ、表面的にはもとに戻りつつあることもある。

しかし、
今も行方がわからない方々が多くいる。
仮設住宅での暮らしを余儀なくされている方々がいる。
福島第一原発の処理に至っては、これからも気の遠くなるくらいの時間が必要となる。

忘れてはならない。
天災の恐ろしさ、技術への過信。

天災はまた起こる。

その際に、同じ過ちをおかさないよう
忘れてはならない。
3年前の今日の震災。

黙祷。

2014年1月1日水曜日

謹賀新年

日本は、年が明けて2014年。

ニューヨークやサンフランシスコは、まだ2013年大晦日の夜。
ホノルルに至ってはまだ18時過ぎ。

ITによって世界はフラットになったとはいえ、この時差を考えれば世界は広い。

そんな広い世界で、もっと輝くサイオステクノロジーになりたい。
2014年は、そのための新たな一歩を進める重要な年。

昨年の流行語に因んで表現すると

「いつやるの? 2014年でしょ!」

本年は、昨年までとは違うサイオスとなる!
乞うご期待!