2012年10月10日水曜日

サイオスパートナーカンファレンス2012


今年は9月下旬まで30度を超える暑い日が続いたからか、もう10月も3分の1過ぎたというのに、まだ初秋の感が強い。

この調子だと、今年の秋は短いかな?

食欲の秋、スポーツの秋と、秋は様々に彩られるわけで、短く感じていてはもったいない!
しっかり楽しもう!

さて、去る10月4日、

毎年恒例の

サイオスパートナーカンファレンス

を今年も開催することが出来た。

大変多くのビジネスパートナーの皆様に参加いただき、盛り上げていただいた!!!


この場を借りて、厚くお礼申し上げます!!!

2012年5月23日水曜日

15th Anniversary!!!

お蔭様で、サイオステクノロジーは、今日15周年を迎えました。

山あり谷あり、平坦な道は全く無かったですが、僕たちは、自ら平坦な道を選ばない集団でありたいと思っています。

これまで、支えていただいた、たくさんの方々にあらためて深く感謝するとともに、これからも平坦では無い道を歩む僕たちにお付き合いいただければ大変幸いです。

次の15年も大変楽しみです。
これからも、よろしくお願いいたします!!!

Thank you!

2012年5月19日土曜日

Facebookの上場

FacebookがNASDAQに上場。

終値は38ドル23セントと、公募・売り出し価格に比べて23セントしか上がらず、市場の期待とは裏腹の結果となった。

ソーシャルゲーム大手Zyngaの昨年末の上場時も、初日は公募価格割れだったことを思い出す。

株式市場では、まだ始まったばかりのソーシャルネットワークがどのような市場価値を持つのか見当がついていないのだから、当然の値動きだろう。

しかし、FacebookやZyngaの株価がどうであれ、デジタルネットワークによるイノベーションは、まだ始まったばかりであり、これからの10年だけを見ても、世の中は更に大きく変化する。

僕たちは、そのような変化にどれだけ貢献出来るか、がテーマ。

ソーシャルに対しても、SIIISを中心に新たな製品開発やサービス開発に取り組んでいる。

すべては、これからの10年を見据えて。

2012年4月30日月曜日

ニュースリリースラッシュ!

先週は、ニュースラッシュの1週間となった!

4月24日

4月25日

4月26日 

それぞれ、これからのサイオスに重要な意味を持つ発表。

サイバートラストさんとの協業は、急増しているスマートデバイスの企業利用における管理ニーズにこたえて行くもの。

ioDriveは、まさにこれからのストレージテクノロジー。サイオスのテクノロジーで、その連続稼働を支援。

そして、順調な第1四半期業績の発表!

さて、明日からは新しい月。
更にパワーアップして、事業強化!

乞うご期待。

2012年3月11日日曜日

3月11日

あれから、ちょうど1年。

あの日のことを、まるで昨日のことのように鮮明に思い出す。

突然の大きな揺れ。大地震を知らせるニュース。
テレビで流れる東北地方の凄惨な地震と津波の様子。
言葉にならないショック。
東京では、交通マヒ。帰宅難民。

そして、失われた尊い命。

改めて、心よりご冥福をお祈りいたします。

今一度、命あることに感謝し、自分たちに出来ることをひとつずつやって行こう。
皆で力を合わせて。

2012年3月1日木曜日

IBM PartnerWorld Leadership Conference 2012

米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催されている、IBM PartnerWorld Leadership Conference 2012に来た。

ハリケーンカトリーナが当地に甚大な被害を及ぼしたのが2005年。あれから7年近くが経過し、町は見事に立ち直っているように見える。
ニューオーリングはジャズ発祥の地であり、町のいたるところで音楽が聴ける。音楽好きにはたまらない環境が、ここにはある。
また最近はカジノも増えたようで、観光旅行先としての人気も取り戻している模様。

さて、Conference。
今日は、今年新CEOに着任したばかりのJinni Rometty氏のスピーチから始まった。

米国IT企業における女性CEOは珍しい話では無くなったが、IBMでは初の女性CEO。おのずと注目が集まる。今朝もたくさんのオーディエンスで会場は埋まった。

僕が感じたスピーチのキーポイントは、

「Unstructured Data」

の爆発的増加だ。
最近流行りの言葉で言えば、Big Data。

それを、

「New Era of Computing」

と呼ぶ、これからのComputing Technologyで高度に処理し、新しい価値を創造して行こう、というもの。

彼女は、コンピュータはこれから第3世代に入って行くとも言っていた。

第1世代は、いわゆる単純な計算を行う計算機。
第2世代はIBM System/360以降のコンピューター。
そしてこれからが第3世代。

これは如何にもIBMらしく、IBMのコンピューターの歴史そのものだ。

コンピューターの世代については、プロセッサーの歴史によって語られることの方が多い。
つまり、

真空管 → トランジスタ → IC → VLSI → 非ノイマン型

という流れ。
上記で言えば、今は第4世代のコンピューターということになる。

僕は、この考えの方が一般的には分かり易いと思う。
ムーアの法則で言われているように今後も集積回路の集積度がどんどん上がる限り、単位面積当たりの計算能力は飛躍的に伸び、結果としてコンピューターのサイズは更に小さくなる。もしくは、同じ大きさで何倍もの情報処理が出来るようになる。

つまり、データが非構造か構造かにかかわらず、コンピューターはもっともっといろんなことが出来るようになる、ということだ。

そういう意味では、IT業界はこれからが熱い時代であり、まだ我々はその入り口に立っているに過ぎない。

2012年1月29日日曜日

関心空間の時代が来た!!!

来たる2月1日、関心空間がサイオスグループの一員として生まれ変わることになった!

詳しくは、発表記事をご参照。

関心空間は、昨年サイトオープンから10周年を迎えた。
10年前と言えば、FacebookもTwitterも、そしてMixiも無い時代。
そのころから、インタレストという空間を介在に、人と人とをつないで来た。

サイトオープン当時、その斬新なサービスに大変な注目が集まった。
一方で、そのサービスは少し時代を先取りし過ぎたのかも知れない。後発のソーシャルネットワークに、人々の注目は動いた。

しかし今、時代は追いついて来た!

これからのソーシャルネットワークは、人と人とのつながりから、インタレストを介したつながりに発展して行く。
そう、ソーシャルグラフから、インタレストグラフへ。

そんな時代を代表するサービスを、SIIISとサイオスグループは実現する。

乞うご期待。

2012年1月1日日曜日

笑門来福!

謹賀新年。

2012年が明けた。
皆さんは、どのように過ごされて元旦を迎えられただろうか?

僕は、大晦日に大阪の実家に移動。

年越し蕎麦は、母親が信州から取り寄せたという蕎麦とカレーの素で、なんどカレー南蛮蕎麦!
年越し蕎麦にしては重いな、と思いつつも、美味くて汁まで完食(食べ過ぎた。。)。

一年の計は元旦にあり、というが、新年の区切りは人間界においてのみの話。
自然界では、決して止まることのない時間の中で、また新たに日が昇った、というだけだ。
だから、毎年あまり区切りを意識することなく、自然体でありたい、と考えているのだが、今年に関しては、しっかりと区切りを意識したい。

2011年は、痛ましい災害により、後世まで語り継がれることになる。
だからこそ2012年の始まりにあたり、しっかり区切りをつけ、復興、そして新たな成長へ向けて、元気で明るく、笑顔を絶やさず歩を進めたい。

そして、2012年が皆さんにも最高の一年となることを祈りたい。


さてさて、明日には僕は東京に戻り、昨年積み残した仕事に取り掛かる予定(仕事では、僕には区切りが無いようだ。。)。