2009年7月28日火曜日

サイオス、中国に進出!

本日、北京に現地法人を設立する発表をした。


アメリカに続く、ふたつ目の海外拠点だ。
アメリカ子会社、SteelEye Technologyの製品販売を中心に、ビジネスを広げていくつもりだ。


中国のインターネット利用者は約3億3800万人で、そのうちブロードバンド利用者は94.3%だという。
既に日本の総人口の3倍近い人達が、インターネットを使っている。
当然、若年層におけるインターネット利用者数は、日本の数倍にはなるだろう。

優秀なITエンジニアは、その中から出て来る。

つまり、優秀なITエンジニアは、日本より中国の方が圧倒的に増えていくこということだ。
どうあがいても、ほぼ人口に比例するだろう。

今、中国に進出することは、そんな将来の人材のことも見据え、手を打つということでもある。

これからは、本当にグローバルに物事を考えないと、フラット化する世界で勝ち抜くことは出来ない。

内向きになりがちな日本のIT業界。
このままでは、世界の動きに気付かない「茹でガエル」企業ばかりになるのではないだろうか。

サイオスは、絶対にそんな会社になりたくない。

0 件のコメント: