2009年5月18日月曜日

Linux.com

先週、The Linux Foundationが、

Linux.com

のサイトをリニューアルした、とのニュース

Linux.comは、長年SourceForgeが運営して来たサイトだが、この3月、The Linux Foundationに運営が移るとの発表があり、先週めでたくお披露目となったわけだ。

Linux.comは、本格的オープンからちょうど10年になるサイドだが、その生い立ちを知っている人は、今となっては少ないだろう。
ということで、僕が知っている10年前のことを、ちょこっとだけ披露しよう。


Linux.comは、もともと、

個人が所有しているドメインだった。

その所有者と、VA Research(当時、現SourceForge)のメンバーが話し合い、ドメインの所有権をVAに移し、Linuxのコミュニティーのためのサイトとしてオープンしようということになった。
そして、その所有者だった個人を含め、オープンソースコミュニティーで活躍している数名のメンバーがサイトのアドバイザリーボードとなり、1999年の3月ごろにオープンした。

サイトは、オープン当初、大量のアクセスでダウンする程の人気サイトとなり、Linuxの普及と共に成長して来た。

僕は当時、シリコンバレーに住み、シリコンバレーで仕事をしていた。

1999年の2月末ごろだったと思う。San Joseで開催されたLinuxWorld Expo 98を視察に行ったあと、San Franciscoの人気中華料理店に、ビジネス仲間と立ち寄った。
そこで、ちょうどVAのメンバーとLinux.comの所有者が食事をしているところに遭遇、何人かの顔見知りがいたことから、サイトオープンの話を聞いた。

その後の話は、上記の通りだ。

あれから10年、Linuxを取り巻く環境は大きく変化した。

そのような中、Linux.comが情報サイトとして果たすべき目的も、変わって来たのだろう。

The Linux Foundationの支援のもと、蘇るサイトのこれからに期待したい。

0 件のコメント: