2009年5月25日月曜日

12周年

サイオステクノロジーは、この週末の5月23日、12回目の誕生日を迎えた。

長いようで短い12年。
その前半期は、LinuxとJavaに特化して事業を拡大して来た。

その間に、Linuxは、ソフトウェアエンジニアの趣味的なOSから、法人の基幹システムを支えるOSにまで進化した。Javaは、情報システムの開発言語として普及し、多くのウェブアプリケーションがJavaで開発されるようになった。

2004年の上場以降は、Linux、Javaという特化した技術領域から、
それらを包括したオープンソースソフトウェアの開発と利用を軸とした事業、
そして近年は、クラウドコンピューティング環境を利用した事業へと、業容を拡大している。

これからも進化し、常にイノベーションの先端にいる企業でありたいと思う。

そして、世界のIT業界におけるインフルエンサーを目指す。

0 件のコメント: