2008年11月20日木曜日

中国の無錫市

11月17日の投稿で書いたとおり、
当社エンジニアで、今はアメリカ子会社のSteelEye Technologyにて製品開発に携わっている佐藤嘉則に、中国無錫市紀行を寄せてもらった。

以下、嘉則からのメッセージ。
--------------------------------

ということで無錫の話を。
ちなみに向こうでは「うーしー」と読みます。

日本語読みは通じません。

会場は郊外のホテルで、市街地から車で20分ほどの所でした、。
それなりに高級な所だったのですが、場所が場所なので観光出来そうな所が近くに何もないという…
晴れていれば景色でも眺められたんでしょうが、残念ながら毎日曇り or 雨でした。

ということで真面目に話を聞いていた(ということにしておこう)ので、あまりおもしろそうな話はありません。
興味のある人は他を当たってください。


ホテルのロビー


部屋も(諸事情により)かなり豪華だったんですが、写真とるの忘れました。



名産品らしい


もらった


最終日はそのへん見学ツアー。
なんと乗っているバスを警察が先導してくれるという高級待遇。


ソフトウエアセンター。ここはSunで隣がIBM

場所によってはオフィスの隣が居住エリアなんて所もありました。

こういう所をいくつかまわりました。たくさん作っている所だそうです。
入れ物だけ大量に作って中身どうすんの?とつっこみたい所ですが、今の勢いなら何とかしてしまうのかなとか思ったり。


工事中。すぐ近くでこんなことやられたらかなりうるさそうなんですが…


最後にお寺へ


蓮。これを踏むといいことがあるそうですが、今のところ何もなし


菩薩の誕生を再現しているらしい


移動中には日本企業のビルとか看板を結構見ました。私は深圳くらいしか知りませんでしたが、このあたりにもかなり進出しているようです。

最後に感想ですが、ものすごい活気というか勢いを感じました。目的を達成するためには何でもアリという空気も感じますが…
こういうきっかけが無ければ一生行かなかったであろう所なので、なかなかに貴重な体験が出来たかなと思います。また行きたいかといわれると…ですが。

とりあえず私が出席するために尽力してくれた各方面に感謝しつつ終わります。
色々有難うございました。