2008年8月13日水曜日

僕にとってのGoogle Street View

Google Street Viewが公開されてから、早や1週間が過ぎた。

ウェブ上で、その反響を拾ってみると、

これはすごく便利!

とか、

うちの周辺が写っていて嬉しい!

など、大歓迎しているコメントもあれば、

プライバシーの侵害だ!

とか

うちの洗濯物が写っていて恥ずかしい!

など、苦情を述べているコメントもあり、
更に、

不法侵入を助長する!

という類のコメントもある。
とにかく、巷のブログ界隈を中心に、賛否両論、議論百出なのである。

ま、これらの議論は、専門家に任せるとして、
僕の場合、この1週間、Google Street Viewに大いに助けていただいている。
というのも、

飲み会でGoogle Street Viewを話題に出すと、30分は盛り上がれる!

ということを発見したからだ。

どこが写ってた、とか、このテクノロジーが凄い、などなど。。。

もちろん、飲み会だけでなく、
取引先とのミーティングの冒頭に、

「暑いですね!」
などの決まり文句と合わせて、

「Google Street Viewで、ご自宅とかチェックされました?」
という話題を呈すると、

「はい、チェックしたら、近所の知り合いがモザイクな姿で写ってたんですよ!」
とか
「え、それ何ですか? まだ見てません!」

というような返答があり、ひととおり盛り上がる。


当分は、
話題に困ったときの
「Google Street View」
なのである。