2008年5月14日水曜日

腹八分目のすすめ

「経営はスピードだ!」

と多くの経営者は言う。
僕も全く同感である。

サイオスでも「迅速な行動」が行動規範にあるし、

僕自身においても、仕事のスピードアップは常に課題で、
最近流行りのライフハックのツール群などもいっぱい試して、仕事の効率化に努めている。

しかし、僕にはスピードがなかなか上がらないことがひとつある。それは、

食事のスピード...

僕とランチを共にする人は、僕が食べ終わるのをいつも待つ羽目になってしまう。

某社社長の著書によると、食事のスピードが速い人は仕事のスピードも速いらしい。
その社長の会社では、入社試験で

「早飯試験」

までやったことがあるという。飯の早い順に合格通知を出したというのだ。
その試験に合格した社員は、今、大活躍しているらしい。

僕がもしその会社の入社試験を受けていたら不合格???


そこで、人を待たせない奥の手を考えた。

それは、至ってシンプル、

「人より少なく注文する。」

なーんだ、そんな簡単なこと。
と思われるかもしれないが、結構皆お腹が一杯になるように注文していることにお気づきだろうか。

少なく注文することは、結果として腹八分目になり、メタボ対策にもなるのだ。

1. ゆっくり食事をする。 2. 注文は少なめに。

で、仕事のスピードアップとメタボ対策の両立、Great idea?