2008年2月20日水曜日

オープンソースなビデオの公開

年末のこのブログで、

もっと改変に寛容な動画があっても良いのではないか?

みたいなことを書いたが、
世界的メジャーバンドから、そんなビデオが公開された。

R.E.M.の新作、
Supernatural Superserious
がそれ。

著名なブロガーの池田信夫氏も、取り上げられている。
このビデオは、Open Source Initiativeでオープンソースライセンスとして認められているArtistic License 2.0で提供されている。

このライセンス下では、
オリジナルには手を加えられないけど、再利用やリミックスは自由。

そんな作品を、YouTubeのREMSUPERSERIOUSにアップしてちょうだい!

みたいなメッセージが、Supernatural Superseriousのサイトにある。


R.E.Mと言えば、90年代を代表するオルタナティブ系ロック・バンドで、

代表作のひとつである
「Losing My Religion」
は、大のお気に入り曲。

iPodで、今でも良く聞く。


閉鎖的、排他的に著作権を主張するより、

オープンにして、シェアして、多くの人の創造性を刺激する方が、世の中面白くなる!

そんなふうに考える人が、アメリカやヨーロッパでは徐々に増えて来ている。

さて日本は?

どう思う?