2008年2月12日火曜日

サイオスのテクノロジーとカルチャー <その2>

<その2>は、

コラボレーション


の話。


インターネットは、人と人とがコラボレートする機会を劇的に増やした。



特に最近は、Web2.0と総称されるWeb技術やサービスによって、人と人とが共通のテーマや利益で緩やかにつながるようになり、今までにないインターネット生態系が生まれ、新たなコラボレーションの機会が生まれた。


このような環境のもと、ビジネスの世界でもコラボレーションの重要度が増し、
今や、

如何に創造的でかつ生産性の高いコラボレーションをするか?


が、ビジネス成功の鍵を握る。
当然、そのためのツールも必要となって来る。

サイオステクノロジーでは、コラボレーションのツールとなるWebアプリケーションソフトウェアの開発を進めている。

昨年、リリースしたProjectKeeperはそのひとつ。

これからもコラボレーションをキーワードに製品開発を進めていく。

また、コラボレーションをキーワードとしたのは、
我々自身が日頃から
コラボレーションの質を高め、

スマートな企業であり続けよう

という思いも込めている。