2008年2月28日木曜日

虎ノ門タワーズのエレベーター

サイオスが入居している虎ノ門タワーズのエレベーターは、混雑緩和のシステムが導入されている最新式エレベーター。

このシステムを体験すると、他の高層ビルのエレベーターは混雑しているなあ、と改めて感じる。特に朝のラッシュ時、この最新システムの効果は素晴らしい。

但し、このエレベーター、乗る前にちょこっとしたおまじないが必要。

そのおまじないによって、行きたい階に素早く我々を届けてくれる、という仕組み。

さて、そのおまじないとは、

まず、1階エントランスドアから入ると、

奥にエレベーターホール。

壁に設置されているタッチパネルで、行き先階を入力。
乗るべきエレベーターのアルファベットが表示される。

表示されたアルファベットのエレベーターに乗れば、
あとは行き先階に連れて行ってくれる。

からくりとしては、このおまじないによって、人が乗る前に行き先階情報を得て、同じ行き先階もしくは近い階に行く人たちをひとつのエレベーターに集めて送る、というもの。これによって稼動効率が、ぐんと上がる。ラッシュ時にエレベーターが多くの階に停まってなかなか行き先階にたどり着かない、というような非効率が無くなるわけだ。

但し、まれに、このおまじないがわからなくて、戸惑われている訪問者を見かける。

例えば、こんな訪問者と遭遇した↓

おそらく、約束の時間に遅れている、もしくは、遅れそうな訪問者だったのだろう。
彼は、小走りに、というか、

ダッシュで、

僕の乗っているエレベーターに飛び乗ってきた。

明らかに息が上がっている。。。
よほど怖い人が彼を待っているのだろう。。。

一息おいて、エレベーター内の行き先階ボタンを押した。
しかし、彼の行きたい階のボタンが、いくら押しても点灯しない!

「おっかしい! このエレベーター故障してるぞ!!」

かなり錯乱状態。

「あのう、このエレベーター、行き先階を外で指定しないと行かないんですけど、何階にご用ですか?」

僕は丁寧に尋ねた。
今にもエレベーターに蹴りを入れそうな表情となっていた彼は、

「あ、すみません、xx階なんです」
「じゃあ、まずは僕の行き先階のyy階で一旦下りて、ホールのタッチパネルでxx階を指定して乗りなおしてください」
「あ、ありがとうございます!」

丁寧にお礼を言っていただいたが、
yy階に着くまでの彼は、まるでトイレをがまんして地団駄踏んでいるおこちゃまみたいだった。

きっと怖い人の顔を思い浮かべていたに違いない…


このようなことにならないように、虎ノ門タワーズのエレベーターに乗る際は、必ずおまじないを。

(虎ノ門タワーズオフィス側では、案内版をエレベーターホールに設置して、戸惑われる方を無くす工夫をする予定とのこと。)

でも、これからは、こんなインテリジェントなエレベーターが増えるだろうから、おこちゃまみたいにバタバタする人はいなくなるかな。。。

(写真提供: サイオステクノロジー 高野 ← Thank you!)

2008年2月20日水曜日

オープンソースなビデオの公開

年末のこのブログで、

もっと改変に寛容な動画があっても良いのではないか?

みたいなことを書いたが、
世界的メジャーバンドから、そんなビデオが公開された。

R.E.M.の新作、
Supernatural Superserious
がそれ。

著名なブロガーの池田信夫氏も、取り上げられている。
このビデオは、Open Source Initiativeでオープンソースライセンスとして認められているArtistic License 2.0で提供されている。

このライセンス下では、
オリジナルには手を加えられないけど、再利用やリミックスは自由。

そんな作品を、YouTubeのREMSUPERSERIOUSにアップしてちょうだい!

みたいなメッセージが、Supernatural Superseriousのサイトにある。


R.E.Mと言えば、90年代を代表するオルタナティブ系ロック・バンドで、

代表作のひとつである
「Losing My Religion」
は、大のお気に入り曲。

iPodで、今でも良く聞く。


閉鎖的、排他的に著作権を主張するより、

オープンにして、シェアして、多くの人の創造性を刺激する方が、世の中面白くなる!

そんなふうに考える人が、アメリカやヨーロッパでは徐々に増えて来ている。

さて日本は?

どう思う?

2008年2月19日火曜日

夕方の東京タワー

先月は、夜の東京タワーの写真をアップしたので、今回は、夕方の東京タワー。


今回は、少し角度も変えて、サイオステクノロジーオフィスフロアのエレベーターホール横からの写真。

夕日が微妙に反射してるショット!

普通のデジカメにしては、良く撮れてない???

2008年2月13日水曜日

サイオスのテクノロジーとカルチャー <その3>

最終回<その3>は、

ウェブ

の話。

1991年、インターネットに登場したWorld Wide Web(Webとかウェブと呼ばれることが多い)、そしてその閲覧ソフトウェアとして生まれたウェブブラウザが、その後のインターネットの歴史を変えた。

最初に爆発的に普及した商用のウェブブラウザが、Netscape Navigatorだ。

ウェブ利用の急拡大の波に乗り遅れたMicrosoftは、後に自社のブラウザ、Internet ExplorerをOSに抱き合わせて配布し、Netscapeに対抗、ブラウザ戦争と呼ばれる市場シェア競争を繰り広げた。

その後、無念にもMicrosoftにシェアを奪われたNetscapeは、1998年にウェブブラウザ関連製品をオープンソースソフトウェアとして無償公開し、Mozilla.orgというオープンソースソフトウェア開発コミュニティを立ち上げた。

これが、オープンソースソフトウェアという言葉が世間で大きく取り上げられた最初の出来事と言われている。

Mozilla.orgの管理は、現在NPO団体であるMozilla Foudation(日本での窓口はMozilla Japan)に引き継がれ、Netscape Navigatorからの流れを汲むMozillaのブラウザFirefoxは、世界中でInternet Explorerからシェアを奪い返しつつある。

ウェブの誕生から17年、その利用方法や用途は大きく広がった。数年前にはWeb2.0という言葉も生まれ、ウェブ利用は第二世代に入ったと言われている。

サイオステクノロジーの事業は、設立当初よりウェブとかかわっている。Javaをはじめとする先進的な技術に取り組み、一貫してウェブアプリケーション開発の最前線で事業をして来た。

最近では、Google Appsの導入支援「SIOS Intergration for Google Apps」というウェブを利用したサービスも始めている。

ウェブは、今後もサイオスの事業の中核であり、様々なソフトウェア製品やサービスをウェブを介して提供して行く。

より便利なウェブ
より面白いウェブ
これらの開発に、我々が少しでも貢献出来れば、とても嬉しい。

2008年2月12日火曜日

サイオスのテクノロジーとカルチャー <その2>

<その2>は、

コラボレーション


の話。


インターネットは、人と人とがコラボレートする機会を劇的に増やした。



特に最近は、Web2.0と総称されるWeb技術やサービスによって、人と人とが共通のテーマや利益で緩やかにつながるようになり、今までにないインターネット生態系が生まれ、新たなコラボレーションの機会が生まれた。


このような環境のもと、ビジネスの世界でもコラボレーションの重要度が増し、
今や、

如何に創造的でかつ生産性の高いコラボレーションをするか?


が、ビジネス成功の鍵を握る。
当然、そのためのツールも必要となって来る。

サイオステクノロジーでは、コラボレーションのツールとなるWebアプリケーションソフトウェアの開発を進めている。

昨年、リリースしたProjectKeeperはそのひとつ。

これからもコラボレーションをキーワードに製品開発を進めていく。

また、コラボレーションをキーワードとしたのは、
我々自身が日頃から
コラボレーションの質を高め、

スマートな企業であり続けよう

という思いも込めている。

2008年2月4日月曜日

サイオスのテクノロジーとカルチャー <その1>

今年、サイオステクノロジーを表現するキーワードとして、次の3つを掲げた。

オープン

コラボレーション

ウェブ

サイオスの事業は、上記3つのキーワードに必ずかかわっている。
そのあたりを、それぞれのキーワードに分けて、お伝えしたい。

オープン

サイオスは、オープンソースソフトウェアを軸に、OSからWebアプリケーションにかかわる事業を推進している。
サイオスが、オープンを標榜する限り、オープンソースはその重要な部分を担っていく。

しかし、ここで言うオープンは、オープンソースだけではない。

仕事を進める上での考え方という意味も大変大きい。

例えば、
オープンな創造活動
オープンな議論
オープンな人間関係
オープンな職場環境
など。

これらを包括したオープンカルチャーを大切にする組織でありたい、という思いがある。

その上で、
オープンテクノロジー
がある。

ここでいうオープンテクノロジーは、オープンソースだけでなく、オープン標準(スタンダード)に準拠したテクノロジーと考えてもらいたい。

また、オープンには、フリーという意味も込めている。

ここでいうフリーとは「自由」という意味で、「無料・無償」という意味ではない。
「自由」とは自分の行いを自分で決めることが出来るということであり、その行いには当然常に「責任」が伴う。

サイオステクノロジーが、自由闊達でかつ責任ある行動の集団でありたいという思いも、オープンには込めている。

2008年2月3日日曜日

Y!、MS、そして雪

今日の東京は雪。
こんなに積もるのは、2年ぶり? てなことで、めったにない自宅からの雪景色をパチリ。


今日は外出予定を変更して、朝から自宅でニュースなどをじっくり読むことに決めた。

この週末の一番の業界ニュースは、何といってもMicrosoftのYahoo!買収提案。
Microsoftの提案は、発表前19ドル18セントだったYahoo!株を31ドルで買い取ろうというのだから、Yahoo!株主は色めき立つよね。Yahoo!取締役会は、難しい決断を迫られたことになる。

最近の海外IT業界は、OracleのBEA買収とか、Sun MicrosystemsのMySQL買収とか、M&Aがすごいことになっている。

一方、日本のIT業界は全く蚊帳の外。
これでは駄目だ。

でも、今さら日本IT企業が彼らと同じ土俵で戦うというのは、スマートなやり方ではない。

サイオスも、これらの動きから見れば、ちっぽけな存在だけど、

まあ見ててちょうだい。業界が、あっと思うような存在になりますよ!

と雪を眺めながら、元気が湧いて来た。

2008年2月1日金曜日

グルージェントの皆さん、ようこそサイオスグループへ!

昨日、株式会社グルージェントの株式8割を取得、連結会社とすることを発表した。


合意書調印後に記念撮影 パチリ!

グルージェントは、Javaをはじめいろんなソフトウェア技術を使ってシステムインテグレーション事業をしている会社。とにかく、ムッッチャクチャ面白いプロジェクトに取り組んでいて、既にサイオスとの共同プロジェクトも始まっている。

これからのサイオスグループ、ますます面白くなるぞ! 目が離せません!

と、たまには自画自賛させてください。。。