2008年1月29日火曜日

東京タワー

たまには僕たちのオフィスの紹介もしてみたい。


サイオスのオフィスからは、

東京タワー

が見える。



こんな感じ。




左の下の方が手前のビルでちょっと欠けるけど、まあほぼ全部見える。
もちろん、オフィスのどこからでも見えるわけではない。


普通、社長室からの景色は良い、と相場は決まっているから、当然サイオスの社長室は、東京タワー側、


と、ご想像の


あなた!


サイオスは違います。


当社製品やオープンソースソフトウェア等のハンズオンセミナー、トレーニングを行うために用意したふたつのセミナールームが東京タワー側。特等席なのだ。


だから、サイオスのセミナー、トレーニングを受けると、もれなく


東京タワー


に癒される、というおまけがついて来る。


この記事を読んで、サイオスのセミナーに興味を持った


あなた!


是非ともサイオステクノロジーの教育・トレーニングにアクセスしてみて欲しい。
東京タワーが待ってるぞ!

2008年1月25日金曜日

テレビドラマ

平日は、ほとんどテレビドラマを見る時間はない。
というか、あまり興味もないので、どんなドラマがあるのか、気にもしていない。

しかし

な、なんと、自分と同じ苗字の男性が主人公のドラマがあるではないか!

「あしたの喜多善男」

「喜多」という苗字は、むちゃくちゃ珍しい、ということもないが、今までの人生で家族親戚以外、両手の指で数えられるほどしかご対面したことがない。

これは、見なければ!


で、見た。

心のどこかでは、
「かっこいいジャニーズ系のイケメン!」が喜多善男で、
「明日に向かって苦難を乗り越え、頑張っていく!」ような感動の物語で、
「笑いあり、涙あり!」で、
「すごい高視聴率!」
というようなドラマであって欲しい、
と思っていた。

が、

期待は見事に外れた。

放映しているフジテレビのWebサイトを見たところ、このドラマのサブタイトルが、


「世界一不運な男の、奇跡の11日間」

喜多善男が、とにかく不運な男という設定になっている。
更に、喜多役の小日向文世さんが素晴らしい演技で、不運で無骨な男のはまり役なのだ。

さすがに自分と同じ苗字の主役が不運のままではいやなので、ハッピーエンド期待で最後まで見てしまいそうだ。

悔しいけど、テレビ局の術中にはまってしまった。

2008年1月20日日曜日

ProjectKeeper Professional

去る1月16日、プロジェクト管理のためのソフトウェア、「ProjectKeeper Professional」のベータ版公開、正式版の2月4日からの販売開始を発表した。

お蔭様でこの発表は、大変多くのメディアの方々に取り上げていただいた。
昨年、オープンソース版の「ProjectKeeper」を発表した際も、いっぱい取り上げてもらい、某メディアのオープンソース関連記事では、なんと年間注目度第3位!

当社サイトからのソフトウェアダウンロード数も、発表から6ヶ月経過した昨年末までで12,000を超えた!

これは、今も昔も多くのビジネスピープルが、プロジェクト管理に悩んでいるという証左だろう。
実は、我々も例外ではなく、プロジェクト管理がうまく出来てなくてトラブることが多い。

このソフトウェアが、少しでも多くのビジネスピープルの役に立てば嬉しい。

ProjectKeeper Professional」は、オープンソースの「ProjectKeeper」に、課題を共有、管理するためのコミュニケーション機能や、プロジェクトにかかるコストを管理するための機能等を実装し、ダッシュボード機能も強化した有償ライセンスのソフトウェア。

2月4日の発売開始までは、ベータ版を公開しているので、是非お試しを!!!

2008年1月8日火曜日

Mozilla Corp.の新CEO

現地時間の7日、Mozilla Corporationは、COOのJohn Lilyを、新CEOに任命した。

Johnのことについては、2007年11月21日のこのブログで書いた。

新CEO就任、おめでとう。大活躍を期待してるよ!

CEOだったMitchell Bakerは、Mozilla Foundation及びMozilla CorporationのChairmanとして、これからは違う役割を果たすことになったと聞いている。

Mitchellは、2004年に我々がMozilla Japanを立ち上げた時から、ずっと米国側の代表として議論して来た相手であり、新しい役割での活躍に期待したい。

Mitchell、お疲れ様。そして、これからもよろしく。

2008年1月7日月曜日

年賀状

今年も早や7日。

年賀状の交換もそろそろ落ち着くころだ。
サイオステクノロジーでは、昨年末、年賀状の代わりにグリーティングカードをお送りした。 

グリーティングカードを受け取っていただいた某社長から、

「本日、素敵なグリーテイングカード受け取りました。感激です!」

という、大変嬉しいメッセージをいただいた。お世辞であっても、褒めてもらうと嬉しいものだ。これもグリーティングカードづくりに尽力してくれたスタッフのおかげ。ありがとう!

これを励みに、今年も喜ばれるカードをつくるぞ!


と考えるには、ちょっとまだ早い気がするが、
予定を立てておくことは悪いことではない、と納得する。

個人的にも、たくさんの心温まる年賀状をいただいた。

正月に友人や親戚で集まると、年賀状の話は結構盛り上がる。
帰省先の大阪で会った叔父が、

「今年は吉永小百合さんから年賀状が来たで。返信を書かんといかんわ。」

さすが大阪人、ジョークがうまい!
大阪を離れて久しい私は、突然のボケにうまく突っ込めず、

「喜びますよ、日本郵政!」

KYになってしまった。


でも、今年の正月のKYは

「今年もよろしくお願いします」
ということ。
(息子に教わる…)

2008年1月6日日曜日

元気印、サイオステクノロジー!!!

2008年もいよいよ第2週、活動開始です!

今年のサイオステクノロジーは、世の中に一杯元気を届けられる会社になります!!

本年もよろしくお願い致します。