2007年12月25日火曜日

動画のこれから

 硬めの話をひとつ。 

 アメリカの調査会社Harris Interactiveのレポートによると、アメリカの大人(18歳以上)がYouTubeなどで見たい動画のトップは、テレビドラマ(TV episodes)や映画など、企業がつくった既製の作品らしい。
 一方で、アマチュアやユーザーのつくった動画(User-Generated Videos)への興味は8%。

 この結果は興味深い。

 同じ著作物でもソフトウェアの世界は少し様子が異なる。個人が開発したソフトウェアが、企業開発の既製のソフトウェアの人気を凌駕する、ということがよくある。Linuxはその代表例だ。
 もし、インターネットからのソフトウェアダウンロード数を調査したとして、個人(複数名の有志)が開発したソフトウェアが上位に入っても、それは不思議ではない。
 
 違いはどこにあるのか。
 
 そのひとつは、著作権の問題だ。Linuxなどは、オープンソースソフトウェアとして、ある一定条件を満たせば自由に利用したり改変出来る。改変されたソフトウェアがインターネット上で公開され、更に改変される、というスパイラルが続く。

 動画の世界は同じではない。多くの動画は、著作権に守られ改変が許されない。従って、
動画を見る側は常に見る側にいて、改変する側に回れる機会が著しく少ない。

 しかし、著作権を無視して違法に改変された動画がインターネット上に公開されると、オリジナル以上の人気になることがある。

 違法を取り締まることは当然だが、逆に改変に寛容な動画がもっとあっても良いのではないか。改変された動画の人気で、オリジナルも人気が出るということもあり得る。
 
 一定条件下での利用や改変を許容するオープンソースと類似の考え方を、動画や音楽、文章など様々な著作物に適用しているのがクリエイティブコモンズ。このようなライセンス体系が、もっと理解され広まれば、動画の世界も大きく変わるだろう。


 大人気のニコニコ動画は、そのような方向が間違いでないことを示す好事例だ。動画の視聴にインタラクティブな仕掛けがあるだけでも、動画の楽しみ方が大きく変わる。
 
 なお、このブログは、"Creative Commons表示2.1日本"で公開している。

2007年12月16日日曜日

クリスマス

 今年もクリスマスまであと一週間。

 クリスマスは、プレゼントがあったり、ケーキがあったり、クリスマスパーティーと称した合コンがあったり(最近は全く誘われない…)、多くの人にとっては結構楽しい気分になる時期じゃないだろうか。


 パーティーと言えば、子供が幼稚園児のころ、近所の園児たちをうちに集めて、ワイワイガヤガヤ、クリスマスパーティーをしていた。
 そこにサンタの格好をしたオヤジが登場! 驚いて泣く子も出る、というようなこともあたような。。。

 当社のクリスマスはどうだろうか。
 決算が12月末ということもあって、クリスマスモードというより「今期の予算達成に向けて最後まで頑張ろう!!!」
 それはそれで大切なことだけど、来年からは、オフィスはちょっとクリスマスモードにしよう。

 自宅にはまだあのサンタの衣装はあるだろうか。
 あったら来年は誰かに着てもらおう。
 ちょっと楽しい気分になって来たぞ!

2007年12月9日日曜日

Googleデベロッパー交流会

 去る12月7日、当社の松尾がグーグルさんのデベロッパー交流会にパネリストとして参加。

 当社は、グーグルさんが提供しているホスティング型Webアプリケーション「Google Apps」の企業や学校法人への導入支援「SIOS Integration for Google Apps」を行っている。

 松尾達の開発したオープンソースのWebアプリケーションソフトウェアをこのサービスで使っており、アメリカや日本のグーグルさんとの技術交流も盛んだ。

 交流会のテーマは、「Google Gears」。Webアプリケーションをネットにつながっていない状態でも使えるようにしようという、Webブラウザの拡張機能だ。
Webアプリケーションが、ネットにつながっていなくても使えるという環境は魅力的だ。
ディスカッションの詳細は、後日グーグルさんのブログで紹介されるみたいなので、興味のある方はそちらまで。




 

2007年11月28日水曜日

パートナーカウンシル

 先週の話になるが、「LifeKeeperパートナーカウンシル」という集まりを初めて開催した。

 これは、当社のソフトウェア製品である「LifeKeeper」について、ビジネスパートナーの皆さんといろんな角度からディスカッションをする集まり。
 様々なコメントをいただいて、我々の製品開発、プロモーションや販売方法を改善し、パートナー満足度を上げて行こうという試みだ。

 営業と技術のふたつのセッションに分かれ、当社のスタッフがファシリテーターとなって、ディスカッションを進めた。
 
 実はこのファシリテーションがとても難しい。ファシリテーションがうまくないと、ディスカッションは思わぬ方向に行ってしまうし、まとまりのない会議となってしまう。ということで、当社のファシリテーターはどうだったのか?

営業系のセッションを担当した淺井、熱く語る?

同じく営業系の福住のさわやかな笑顔。さわやか系キャラだった?

技術系セッションの大野。ネクタイ姿も凛々しいね。

同じく技術系の松井。真剣にパートナーさんの話を聞く、の図。

なんか、みんなかっこよくない?

 パートナーの皆さんから、有意義なセッションだったとの感想をいただいた。よかったよかった。大変貴重なコメントを一杯いただき、大成功だったと思っている。
 
 「これもパートナーの皆さんの絶大なるご協力のおかげです。あらためて厚くお礼申し上げます!」

 それから、このカウンシルは掛谷と佐野を中心に販売促進部のスタッフがいなければ成功していなかった。準備から運営まで200%走ってくれたね。ありがとう!

 もちろん、パートナーの皆さんを招待してくれた営業スタッフや、製品を支えてくれている技術スタッフの努力があったからこそ、カウンシルが開催出来た。

 すべての関係者に心からお礼を申し上げたい。謝謝。

2007年11月22日木曜日

英語

 サイオスの決算月は12月。従って、今は期末へ向けてラストスパートをかける重要な時期であり、また来期の事業計画を取りまとめる時期でもある。今週は、アメリカ子会社であるSteelEyeの来期計画を議論するため、カリフォルニア州パロアルトまで行って来た。
 今でこそ英語でがんがん議論しているが、学生時代は英語が駄目で、ギリギリまで単位が足らず危うく卒業出来ないところだった。社会人になってすぐにアメリカ出張の機会に恵まれたが、英語で一杯失敗をした。レストランで「フォークを下さい」と言ったところ、「コーク」が出て来た。ビールと「コカコーラ」を並べて飲む羽目になり、アメリカ人に「喉が渇いているんだね。」と言われた。ニューヨークからサンフランシスコに行くエアチケットを現地で購入したつもりが、サンフランシスコ湾の対岸の町であるオークランド行きを買っていた。仕方なくオークランド行きに乗ったが、今度はニューヨーク空港で預けた荷物が着いていない(ついていないなあ。。。)。いろいろと探してもらったところ、荷物だけサンフランシスコ空港に着いているという。どうやって取りに行こうと途方にくれていたところ、航空会社がなんとヘリコプターをチャーターしてくれた! 生まれて初めてのヘリで、サンフランシスコ湾の夜景を眺めながら、対岸までの交通手段も解決、結果オーライ! ということになった。

 1993年から1999年までアメリカに住んでいたことも幸いして英語は上達したが、最初は皆、大したことは無いということ。今英語が苦手でも、頑張れば誰でも話せるようになるぞ!

SteelEyeの会議室で事業計画議論中。

2007年11月21日水曜日

Mozilla

 Mozilla CorporationのCOO、John Lilyが来日、いろいろと意見交換した。Mozilla Corporationは、オープンソースのWebブラウザ、Firefoxの開発と普及活動を主導している組織。
 僕は、日本のMozilla組織であるMozilla Japanを瀧田佐登子さん(現Mozilla Japan代表理事)たちとともに2004年に設立し、以来Firefoxの普及活動を応援して来た。世界のWebブラウザ市場におけるFiewfoxのシェアは20%程度に達していると言われており、数あるオープンソースソフトウェアプロジェクトの中でも最も成功しているプロジェクトとして紹介されることが多い。
 Webブラウザ市場は、今後携帯電話やカーナビなど、パソコン以外の市場がどんどん大きくなる。また、マイクロソフトはIEを大幅に改善して来ているし、アップルのSafariも大変人気がある。そのような市場変化や競合の中でも、オープンソースのブラウザが多くの人に使われ続けるよう、今後もMozilla Japanを応援して行きたい。オープンソースのプロジェクトを支援することは、サイオスのビジネスがオープンソースとかかわっている限り、大切な使命だと思っている。特にFirefoxにはLinux版があり、Firefoxが多くのWebサイトでの標準ブラウザのひとつとなることがLinuxの普及にも重要だ。

John Lily
COO, Mozilla Corporation

2007年11月14日水曜日

SeasarCon 2007 Autumn その2

 今回のSeasarConには、当社のプロジェクト管理ソフトウェア製品で、ソースコードを公開しているProjectKeeperを展示!

ProjectKeeperのイケメンふたり? 與倉と大井。


当社のエンジニアが開発に貢献しているTugboat.GTD。Version1.0へ向けて頑張れ!チーフコミッタ原のプレゼンもバッチリだったみたいだね。お疲れ様! 右からイケメン?な、原(サイオス)、河上くん(東京工科大)、石塚(サイオス)、武田(サイオス)。

2007年11月12日月曜日

SeasarCon 2007 Autumn その1

 一昨日、NPO法人Seasarファウンデーションの一大イベント、Seasar Conference 2007 Autumnが開催された。私もSeasarファウンデーションの理事のひとりとして、午後1時からの始まりに遅れないように、会場となる法政大学市ヶ谷キャンパスに向かった。

慌ただしくいつも会場となっている市ヶ谷キャンパスの ボアソナード・タワーに到着。
ところが、

あら、法政寄席?

おかしいなと思いつつ、26階の会場へ向かうと、雰囲気が違う。。。やっぱりここは寄席の会場。
じゃあ、SeasarConはいずこで??? 困った、ソフトウェアの話を聞きに来たのに、このままでは寄席を聞くことになってしまうのか・・・

とりあえず1階に下りて、よくよく考えてみたところ、思い出した。今年はキャパを大幅に増やすこともあり、おとなりの外濠校舎に会場が変わったのだ。

ここ、ここ。

カンファレンスは、どこのセッションも多くの聴講者で大盛況!
最初のセッションとなる東工大の千葉滋先生のゲスト講演も満員御礼。このブログではあまりテクノロジーに突っ込んだ話をするつもりはないけど、少しだけ概要をいうと、Javaでのソフトウェア開発に、如何にRubyなどにある生産性(Productivity)を実現するか。とても興味深い話。
ということで、
カンファレンスは大成功に終わり、来場の皆さん、スタッフに感謝、感謝。
でも、法政寄席も、少しは聞いても良かった(かも)。

2007年11月8日木曜日

佐藤嘉則、日本OSS貢献者賞受賞!

 当社エンジニアの佐藤嘉則(さとうよしのり)が、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の日本オープンソースソフトウェア貢献者賞を受賞した!
 で、その表彰式が去る10月30日にあったので、見に行くことにした。
 よしのりは、そりゃまあ寡黙な男で、どちらかというとソースコードで会話する。技術関連の講演会などでよくしゃべってるけど、勝手の違う表彰式でちゃんと挨拶出来るのか? ということもあり、親心な心配をしながら、明治記念館に駆けつけた。


                表彰前。緊張してる???



                いよいよ表彰。



                ぺこり。



                他の3名の受賞者と記念撮影。



                いよいよ、ワンマンショーの始まり!



                天才プログラマーの話に来場者は興味津々。
                親心な心配は、取り越し苦労だったよ。。。